FANDOM


キング・コング
King Kong
監督 ピーター・ジャクソン
脚本 ピーター・ジャクソン
フラン・ウォルシュ
フィリッパ・ボウエン
製作 ジャン・ブレンキン
キャロリン・カニンガム
ピーター・ジャクソン
フラン・ウォルシュ
出演者 ナオミ・ワッツ
エイドリアン・ブロディ
ジャック・ブラック
音楽 ジェームズ・ニュートン・ハワード
撮影 アンドリュー・レスニー
編集 ジェイミー・セルカーク
配給 ユニバーサル映画 Flag of the United States
UIP映画 [[image:テンプレート:Country flag alias Japan|border|25x20px|テンプレート:Country alias Japanの旗]]
公開 2005年12月14日Flag of the United States
2005年12月17日[[image:テンプレート:Country flag alias Japan|border|25x20px|テンプレート:Country alias Japanの旗]]
上映時間 187分
製作国 テンプレート:NZL
Flag of the United States アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $207,000,000[1]
興行収入 $550,517,357[1] (全世界)
$218,080,025[1] Flag of the United States
allcinema
キネマ旬報
AllRovi
IMDb
  

キング・コング』(King Kong)は、2005年のアメリカ映画であり、ラブロマンスとホラーの要素の入ったアクションアドベンチャー映画である。1933年の映画『キング・コング』のリメイクであり、同作を見て映画製作を志したというピーター・ジャクソン監督の悲願の企画であった。本作の邦題は、1作目と同じく(そして2作目と異なり)「・(中黒)」が入る。ちなみに主演のナオミ・ワッツは、37歳にしてヒロインを見事に演じた。

2005年のアカデミー賞においてアカデミー視覚効果賞、アカデミー音響編集賞、アカデミー録音賞の3部門で受賞した。

特徴 編集

本作では、ジャクソン監督が『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズで培った特撮技術が最大限に活用されている。しかし監督曰く、「この作品が『ロード~』を超える作品になると確信している」とのことで、あくまでその特撮技術は『キング・コング』を描く上での重大なポイントとはされていないようである。物語の中盤における舞台である孤島の場面では、同監督の初期作品に見られるようなホラー映画的演出を施された映像が散見される。

ストーリーは基本的にオリジナルと同じだが、「登場人物やその設定が部分的に変えられている」「島の生物(恐竜など)が架空のものになっている」等の変更が行われている。

多くの生物達やニューヨークの町並み、背景に至るまで、映像全般に渡り緻密なCGが用いられている。2005年度アカデミー賞において、視覚効果賞、音響編集賞、録音賞の計3部門を受賞している。

制作には2億700万ドル(248億4000万円)という巨費が投じられた。これは、『スパイダーマン3』が塗り替えるまでは映画史上最高額であった。

ピーター・ジャクソンは初代レディのフェイ・レイをラストシーンに出演させる予定であり、実際にフェイの快諾も得ていたが、クランクイン前に死去したため実現はかなわなかった[2]。「飛行機じゃない、美女が野獣を殺した」という台詞は、元々は見物人役のフェイが口にする予定だった。

田中芳樹によるノヴェライズ小説がある。

GODZILLA』のアメリカ国内外における興業が失敗に終わったことから、ハリウッド映画界が怪獣映画を敬遠する傾向になったため、当初は製作が難航したといわれている(これは後の『クローバーフィールド/HAKAISHA』に至るまで続く事になる)。詳細はGODZILLAを参照。

ストーリー 編集

テンプレート:節stub

スタッフ 編集

キャスト 編集

役名 俳優 日本語吹替
アン・ダロウ ナオミ・ワッツ 安藤麻吹
カール・デナム ジャック・ブラック 後藤敦
ジャック・ドリスコル エイドリアン・ブロディ 宮本充
プレストン コリン・ハンクス 坪井智浩
イングルホーン船長 トーマス・クレッチマン 宮内敦士
ジミー ジェイミー・ベル 伊丸岡篤
ベン・ヘイズ エヴァン・パーク 楠大典
ブルース・バクスター カイル・チャンドラー 木下浩之
キング・コング アンディ・サーキス
コックのランピー 後藤哲夫
チョイ ロボ・チャン
撮影技師ハーブ ジョン・サマー
録音技師マイク クレイグ・ハル

興行成績・評価 編集

制作費は2億700万ドル(約250億円)。全世界の興行成績は5億4700万ドル[3](年間5位)となっており、成功と言える部類ではあるものの、ジャクソン監督による前作『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』の11億1800万ドルに比べ、やや期待外れな結果となった。特に日本では予想外の不入り(興行目標80億円、最低でも50億円と予想されたが、実際には23億円に留まった)で、一般誌(週刊文春)で取り上げられる程だった。1976年版がアメリカでは不振だったのとは正反対の現象が起きたことになる。

日本国内における不振の原因として、『キネマ旬報』は「キングコングのキャラクター自体を知らない現在の女性層・児童層を取り込めなかった」ことを挙げている。また、コング等のクリーチャーが登場するまでに1時間近くの人間ドラマがあるという構成を含め、「いわゆる“怪獣映画”としては上映時間が長すぎる」との批判もあった。その他に、メディアによる宣伝力の多くが同時期に公開された『男たちの大和』に割かれていた事も原因の一つと考えられる。

2005年度のキネマ旬報ベストテンでは9位に選出される程の高評価を得たが、前年に「王の帰還」を3位に選出した読者ベストテンでは11位だった。

参照 編集

No image この記事は書きかけです。是非とも、この記事に加筆してみてください。画面上部の「編集」をクリックすると、編集画面になります。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。